« 〇 頂き物 〇 | トップページ | 〇 路上観察日記 〇 »

2017年8月25日 (金)

〇 マンホールカード 〇

最近、マンホールの蓋をデザインしたカードを収集するのを趣味にしてる方や、マンホールの蓋そのものの写真を撮るのを趣味にされてる方等が増えているそうですconfident

確かに、よく観察すると芸術的な模様や地域の特性をあしらった蓋はナ~るほどと納得ですscissors

つい最近ですが、山の風の地元でも、町おこしの一環として、昔のモンチッチの人形をデザインしたマンホールがお目見えし、そのカードが配布されると言うので、好奇心に駆られて行ってきましたcoldsweats01

配布される場所は、各自自体によって異なりますが、モンチッチは寅さんでお馴染みの葛飾柴又の駅前にある「柴又観光案内所」です。 ここは、寅さんが産湯をつかったと言われる柴又帝釈天の参道の入口でもあります。2_2旅立ち前の寅さんconfidentPhoto寅さんを見送るさくら。この像は最近で山の風も初めてですcoldsweats01

このさくらの像の横に「柴又観光案内所」があり、モンチッチのカードを頂きましたconfident。このカードは、郵送とかは行わず、必ず配布先まで出向かわなくてはならず、そして一人一枚です。Photo_3頂いたモンチッチのカードです。 当然、絵柄は各下水道局によって異なりますが、つくりは全く同じ様式です。裏面には、デザインの由来とかの説明がかかれてありますconfident

さて、この日は散々迷走した台風5号が前夜に抜けて、蒸し暑かったのですが柴又からtrainで我が家の降車駅を通り過ぎ、スカイツリー前駅も素通りして、もう一か所訪ねましたthink

ジャーンgoodPhoto_7蔵前にある下水道局です。しかし、関係者以外立ち入り禁止の札が・・・しばし考えましたが、カードを頂く関係者と勝手に解釈してsweat02Photo_8受付へ。本来は事前に予約して敷地内にある「水の館」の中の下水道の仕組みを見学した後にカードをくれるそうですが、後日見学するという事で無事に頂きましたcoldsweats01Photo_917年から施設するカラーのマンホールをデザインしてあります。この種類はまだ見たことがありません。 デザインの由来はソメイヨシノと都の木イチョウと都の鳥ユリカモメを絵柄にしたそうですconfident

因みに現在のノンカラーのマンホールです。1_2このタイプはどこでも見られます。3_2同じようなデザインですが、微妙に違います。見比べて下さいcoldsweats01

さて、この日はもう一か所、モンチッチのマンホールを見に行く予定でしたが、暑さと疲労で後日にgawk

このあと、連日の記録的な雨降りがつづき、ようやく、晴れ間も出て、暑さも戻ってきた一日。Photo_10なぜか百日紅の花がやけに元気に見えるナーsign01Photo_11モンチッチのマンホールを見に、このバスに乗って出かけますcoldsweats011_3バスに揺られる事20分あまり、終点のJR新小岩駅の東北広場のバスターミナルに到着。マンホールは連絡通路の歩道にありましたscissors

ここで、普段はよく目にするモンチッチのラッピングバスを待ったのですが・・・現れずthink1_4キャプテン翼をあしらったラッピングバスが待機中。2_3この作者、高橋陽一氏はかつて山の風の地元にいたこともありました。まだそれほどでもない頃は気軽に色紙に絵とサインをくれましたconfident

今はキャプテン翼の像や仲間たちの像が公園や街中にあって、外国人が写真を撮っているのを見かけたりします。これも町おこしの一環ですが、効果のほどはcoldsweats01

こんなわけで、何日かかけてモンチッチと

マンホールを訪ねました。山は上ばかり見てましたが、時には下に目を向けるのも良いかもcoldsweats01

カードはチャンスがあれば頂きに行くこともありますが、地方の個性的な絵柄の実物も見てみたいと考えるこの頃ですconfident

1_5ついでですが、お世話になりたくないマンホールですねcoldsweats022_4消火栓でもいろいろです。消防車の絵柄もあるようです。 最近では女性にもマンホールが人気とか、汚れを取り除く刷毛とかも用意してるようですよconfident。因みにそういう女性を蓋女と言うそうです。  ではまたpaper

※クリックで大きくなります。




« 〇 頂き物 〇 | トップページ | 〇 路上観察日記 〇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

マンホールの蓋ですか 普段気にも止めてませんが それなりに見ていくと面白そうですね 一度暇を見て歩いてみますか。

ヽ(´▽`)/面白い!面白い!

モンチッチの旅も良いですね。
最近流行ってるらしいですね。
それぞれに個性豊か~(/・ω・)/~♬

まだまだ暑いですが、下を見て歩いて見ましょう!
地元のマンホール・・以外に八件あるかもですね。

お疲れ様でしたぁ~・ありがとうございまーす(^^)/

蓋女
初めて知りましたwink

マンホールの蓋はクールだと
外国人にも人気だそうですね(*^-^)

モンチッチ 懐かしいです〜happy01
学生の頃 すごく流行ってました(歳がバレちゃう(^^ゞ)
ウチの近所は「えぼし岩」の海の絵で
私も写真 撮りました(どこ行ったかな^^;)
カラーのマンホールは ビックリですねeye
「キャプテン翼」は長男が好きで 全巻 持っていましたヨ(*^-^)b
今 スカイツリーの すぐ近くに独り暮らしをしていますので
そのバス 知ってるか 今度 聞いてみますwink

マンホール楽しみましたありがとう〜
我が家ではまず夫殿が興味を持ちまして私に移った。
息子の街清水ではサッカー少年、我がお隣の富士市ではかぐや姫、などが印象に残っています。
風さんのブログを見てまた下を向いて歩きそうです〜〜(笑)

こんばんは~

 蓋女ですか、面白いですね^^。
マンホールの絵柄は、わたしもよく見ながら歩いたりしています。今度写真撮ってみようかな。
その場所場所で個性的なのがありますね。
モンチッチ、かわいいですnote

pencilハッピーのパパ さん
普段はあまり気にも留めませんが、改めて見ると
その地方の個性が出ていて面白いですconfident

pencilこころぐ郁美 さん
マンホールは密かなブームを起こしているようです。
四万十の蓋も見てみたいですconfident

pencilwani さん
相撲好きの女子はスー女、鉄道好きの女子は鉄子あるいは女子鉄とか言うそうですが、蓋女とは・・・think
waniさんの地元ではカラーのマンホールがありそうですねconfident

pencilモカラテ さん
モンチッチ、聞いた事はありましたが、ラッピングバスを見るまで知りませんでした。それにしても、作った会社が近くに会ってビックリでしたcoldsweats01
えほし岩の蓋見てみたいですconfident。ラッピングバスは葛飾のJR小岩~JR新小岩間の系統で走ってます。

pencilせせらぎ さん
何となく、夫殿が興味を持つのではと思ってましたがcoldsweats01
そちらでは個性的でカラーのマンホールがありそうですねconfident

pencilみい さん
スー女、鉄子とジャンル別に呼び名はあるようですが
蓋女とはね・・・そのものズバリでマンホール女子が良いと思いますがcoldsweats01
みいさんの地元の蓋の絵柄は、楽しそうなのがありそうですねconfident

こんにちは♪

モンチッチのマンホールの絵柄が可愛らしくて見入ってしまいましたo(*^▽^*)o それにしてもモンチッチ懐かしいですconfident

蓋女って言う言葉も初めて知りました(≧m≦)sweat01
でも最近、マンホールの絵柄が楽しいですねart

お話は変わって、柴又にはさくらさんや寅さんの像があるのですね!
『男はつらいよ』毎週BSでやってるので観てますhappy01
出演者若くて若くて( ´艸`)ププ 自分も年取ったけれどsweat02

pencilらるご さん
モンチッチご存知でしたか。 蓋女、何だかねーcoldsweats01。 カラーのマンホールはみとちゃんのもあるようで、機会があれば見てみたいです。
再放送の寅さん、時々垣間見ますが、若かったですねーあの頃confident

こんばんは!
いつだったか、TV番組でやってましたが、モンチッチって葛飾にある会社が作っているんですってね。
そう思うと、葛飾区には、寅さんにモンチッチと、有名どころが2つもあるのですね。
あぁ、キャプテン翼に関しては、静岡県が舞台であるはずで葛飾区に像があるのはおかしいだろうと、静岡県民は思っていますよ。

pencilFUJIKAZE さん
コメントありがとうございます。
葛飾にはモンチッチと寅さんの他に、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」通称こち亀、両津勘吉こと両さん銅像がJR亀有駅前に有りますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/563552/65704789

この記事へのトラックバック一覧です: 〇 マンホールカード 〇:

« 〇 頂き物 〇 | トップページ | 〇 路上観察日記 〇 »

ポチットボタン

  • ポチッとよろしく!