« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月23日 (土)

砂町水辺公園

東京に大雪?が降った翌日は台風一過のような青空が広がった。

気分転換もかねて、風の便りに聞いた菜の花を訪ねてみた。 我が街から対岸の荒川右岸を東京湾の河口をbicycleで目指した。

河川敷のサイクリングロードを颯爽と風を切って・・・なんてことは無いcoldsweats01。冷たい北西の風に顔をしかめbearing、何度かUターンを考え考え、6段ギヤを時には2や1の軽めにしたり、強風にチャリを降りて押したりしながら、どうにかたどり着いたgawk

4
まずは葛西大橋の菜の花。今年は暖かな日がつづいたので例年より早く咲いたそうだ。

その先の清砂大橋が今日目指した場所。1前日の雪で大分倒れていたが、何とか分からぬように撮ったつもりcoldsweats012それにしても良い天気である。時折ジョギングの人や、チャリダーが走り抜けてゆく以外は静かである。3実際は花壇のように狭い範囲に咲いているのですが、敢えて広々感を・・・sweat02Photo足元にはホトケノザも顔を出して、春近しの雰囲気も・・・bud5_4
ここはほぼ河口に近く、遠く東京湾をゆく船も見える。奥に霞んで見える連なりは房総半島です。

出発点の河川敷から約8キロ、小一時間の自転車旅。帰りの事を考えるとcoldsweats02

※ クリックで少し大きくなります。 ではまたpaper

2016年1月18日 (月)

初富士と初雪

Photo_2いつもの場所から夕景の富士山が観たくて、コンデジ片手に来てみた。正月の3日のことである。旬は遠に過ぎて・・・最近は記事を上げるのが遅すぎると分かってはいるのですがcoldsweats01

気温も高く、雲も多く、夕焼けもくすんでいたので諦めて、堤の上をブラブラ歩いていたら、周りに灯りがポツポツとともる日没頃にかすかに見えたconfident

分かりますか、スカイツリーの右下に盛り上がっているのが富士山です。 小さくとも富士山は良いものですconfident。 クリックすると少し大きく見えます。

1東京の初雪は12日と気象庁から発表されましたが、その日はこちらでは小雨だったので今日が山の風の初雪ですconfident

今日は病院で定期検査の日。よりによって大雪警報が出た日にweep

いつもなら車で行くのですが、万一の事を考えて、徒歩で。湿った雪と溶けた水の中を30分ほど歩いて、病院へ着いたら靴の中はぐしょぐしょに、靴を間違えたcrying

血液検査の結果も最悪crying。 自信喪失なくらいショックthink2いずれも出かける前に自室からsign03。   ではまたpaper

2016年1月13日 (水)

都立猿江恩賜公園

公園の職員が今年の干支の猿を作ったと、新聞に載ったので、年賀状の材料にでも出かけてみた。去年の大晦日のことである。思えば大分、時間が過ぎたのでやめようかとも思ったがbearing

Photoこんな感じ。もう少し優しい顔にしてほしかったと、個人的にはthinkPhoto_2右手の指先には天使が乗っている。小さくて分からないので拡大してみた。Photo_3sign03・・・・coldsweats01。このところ、体調とかも含めてあまり遠出をしてなかったので久しぶりのアウトドア。初冬の空気を感じながら公園内を少しブラブラする事に。

Photo_4公園の入り口はこんな感じsign02Photo_5花壇もあって・・・いい感じの入り口です。Photo_6中を歩くと、ツツジかな・・・いや、サツキのよう。いかに暖冬とは言え。ちょっと驚きcoldsweats01Photo_7スイセンは、もう当たり前のように咲いて。Photo_8黄色いのもsign03Photo_9スイセンって種類が多いようです。Photo_10蝋梅も咲いてましたconfidentPhoto_11こんなのもあったり・・・。白雪姫を連想させるような、ファンタジックな光景にcoldsweats01Photo_12ちょうど公園の真ん中あたり・・・sign03Photo_13ビルに囲まれた都会の中の公園としては、結構広いと感じつつも、大晦日ということもあってか、とても静かです。1時計台とスカイツリー・・・ですthink。 と、一通り歩いてまわり、この年の最後の散歩でした。

ではまたpaper

























2016年1月 3日 (日)

○ 一年有難うございました ○

Photo今年は体調面でいろいろと有り(有り過ぎthink)記事を書く事も無く、PCを開く事も稀になりましたが、気にかけていただき有難うございました<(_ _)>。

最後の締めくくりとして、昔のお気に入りの一枚を。静岡の山伏(やんぶし)山頂からです。この山の頂からの富士山が観たくて、前日に山頂までテントを担ぎあげてと思いましたが、予想以上の重さに耐えかねて、山頂間近でタイムオーバーcoldsweats01。狭い尾根上に何とかスペースを見つけ、新雪を踏み固め張ったのはいいものの、久々の冬のテント生活に寒さで眠れぬ一夜を過ごしcoldsweats02、翌早朝に富士山を写したのを昨日のように思い出します。

もう二度と登れないと思いますが、気持ちだけはいつまでも山へと・・・think

皆さまどうぞ、良い年をお迎え下さい。

ではまたpaper

« 2015年11月 | トップページ | 2016年2月 »

ポチットボタン

  • ポチッとよろしく!